スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄色」身に着け、思いアピール=参加できない人も統一カラー-那覇(時事通信)

 「黄色を身に着け、反対の意思を示そう」。普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する県民大会が開かれた25日、県内では、参加できない人たちも統一カラーの黄色を身に着け、思いをアピールした。実行委員会の呼び掛けに応じた形で、繁華街の商店主らは「どういう方法でも意思表示は大切だ」などと訴えた。
 那覇市で食料品店を営む備瀬隆さん(53)は、開店時から黄色いシャツを身に着けた。「本当は行きたかったが、店は閉められない。それでもこういう形で参加できてよかった」と話した。
 また、「せっかくなら普天間飛行場に10万人を集結させた方が『県内移設反対』を分かりやすく伝えられる」とも。「最低でも県外」と表明して発足した鳩山政権に対しては「自分で言ったからには実行してほしい。発言がぶれ過ぎだ」と批判した。 

大型連休中の外遊見送り=鳩山首相、「普天間」に専念(時事通信)
高校球児が強盗未遂男を“キャッチ”(産経新聞)
コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)
大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け(産経新聞)
市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)

物品購入で不正経理3295万円=09年度会計監査まとめ-警察庁(時事通信)

 警察庁は22日、都道府県警や管区警察局などに対する2009年度の会計監査結果をまとめた。物品購入に関して総額3295万円の不適正な経理処理があったとして、返還を求めるとともに、改善策を講じるよう近く指示する。
 不正経理があったのは神奈川県情報通信部、栃木、福島両県警など27部署で、実際は09年度に物品が納入されたのに、書類上は08年度中に納入されたように処理したケースなどがあった。 

オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)
日欧線は210便欠航=火山灰で-国交省(時事通信)
民主法案判明 ネット選挙解禁へ 今夏の参院選から適用(産経新聞)

<大極殿>復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)

 奈良市の平城宮跡で16日、復元された第一次大極殿の内部が報道陣に初めて公開された。花鳥画の第一人者で日本画家の上村淳之さん(77)=奈良市=が四神や十二支の壁画を描いたほか、儀式で天皇が着座した高御座(たかみくら)(高さ約7.5メートル)の実物大模型も設置されている。

 大極殿は奈良時代、天皇の即位など国家的儀式が行われた平城宮の中核的建物。文化庁が01年から復元整備を進め、当時の河合隼雄長官が上村さんに壁画制作を依頼した。

 上村さんは昨年10月ごろから、東西南北の天井と柱の間の白壁に、朱雀・玄武・青竜・白虎の四神や十二支を描いてきた。23日に大極殿完成記念式典があり、24日から平城遷都1300年祭の各種イベントが同宮跡で始まるのに合わせ、内部が一般公開される。

 この日はほかに、遣唐使船を復元展示し24日にオープンする平城京歴史館、疑似発掘や天平衣装を体験できる平城京なりきり体験館なども公開された。【阿部亮介】

【関連ニュース】
<関連記事>平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
<関連記事>よみがえる奈良の都/3 大極殿、朱雀門…平城のおもかげ再び
<関連記事>平城遷都1300年祭:古代の都ムード漂わせ 朱雀門開閉など衛士隊らが練習
<平城遷都キャラクター>愛称は「せんとくん」
<平城遷都民間キャラクター>愛称は「まんとくん」

<法務省所管法人>元最高裁判事の理事長に無利子貸付(毎日新聞)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設(医療介護CBニュース)
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調(産経新聞)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)

商品にカッターの刃 都内のローソン4店舗(産経新聞)

 東京都内のコンビニエンスストア「ローソン」4店舗で、パンや菓子の包装にカッターの刃が刺されているのが見つかっていたことが8日、警視庁への取材で分かった。警視庁は、何者かが商品の袋の上から刃を刺したとみて、威力業務妨害などの疑いで捜査している。いずれの事件でもけが人はなかった。

 高輪署によると、3月12日午後6時ごろ、港区のローソンで、キャンデーの袋にカッターの刃が刺さっているのを買い物客が発見。同月13日午前0時ごろにも、数百メートル離れた同区の別の店舗でパンに刃が刺さっているのが見つかった。

 また、中央署や新宿署によると、同月12日午後1時40分ごろ、中央区内の店舗で菓子の袋に、同日午後4時ごろには新宿区内の店舗で、パンの袋に刃が刺さっているのが発見された。

 警視庁は、同一犯による犯行の疑いもあるとみて、防犯カメラの画像解析などを進めている。

【関連記事】
愉快犯か報復か 被害拡大…食料品への縫い針混入
紀文「おでんパック」千葉県一部で販売自粛要請 相次ぎ針発見で
また山口・下松市、スーパーの食品に縫い針
毒ギョーザ中毒、供述で注射器2本発見 メタミドホス付着
北朝鮮で消える「チョコパイ」 どこに?

米寿祝いの宴会費ひったくり=67万円入りバッグ-名古屋(時事通信)
食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満(産経新聞)
<理研>論文不正巡り元研究員と和解 発表をサイトから削除(毎日新聞)
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策(産経新聞)
<スペースシャトル>山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)

狙われた刑事の下半身 駅トイレで盗撮の男を逮捕 警視庁(産経新聞)

 男子トイレで狙われたのは刑事の下半身だった-。JR池袋駅の男子トイレで警視庁捜査1課の男性警部補(49)の下半身を盗撮したとして、池袋署が東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、練馬区の無職の男(31)を逮捕していたことが8日、同署への取材で分かった。

 同署によると、男は「男性の下半身に興味があった。トイレに警察官がいるとは。不快な思いをさせてしまった」と反省しているという。

 同署によると、男は7日午後8時ごろ、豊島区の同駅構内の男子トイレに入り、小便器の前に立って、体と便器の間から隠し持ったデジタルカメラを構えた。さらにレンズを隣に立つ警部補の下半身に向け、こっそりとシャッターを切ったという。

 被害に遭った警部補は、殺人事件などを捜査する「殺人犯捜査係」に所属。この日は仕事を終え、部下と帰宅途中だった。警部補は不審な動きを見逃さず、「何をしているんだ」と一喝。逃げようとする男を3人の部下とともに取り押さえた。カメラには撮影した画像が残っていたという。

【関連記事】
盗撮で罰金50万円の名古屋高検検事が辞職
盗撮の男逮捕 スニーカー先端の穴から携帯カメラで 千葉
盗撮の高検検事を懲戒処分 名古屋区検
トイレ盗撮容疑で熊本県職員逮捕
北海道警警視がスカートの中を盗撮 罰金30万円の略式命令
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「参院選2人擁立、その条件に今あるのか」前原国交相(レスポンス)
<葬儀>藤井黎さん=10日午後1時、仙台市の斎苑別館(毎日新聞)
「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)
<入学式>元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校(毎日新聞)
スカイマークに業務改善勧告=英語力不足や点検不備判明-特別安全監査で国土交通省(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。