スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大量の不正けしが関東一円に流通 あへん法違反で捜査 (産経新聞)

 神奈川県の農家で栽培されたアヘンの原料となる不正ケシ(ソムニフェルム種)が今月、花き市場や卸業者など正規のルートを通じて、市場に出回っていたことが25日、分かった。「鑑賞用」として少なくても約400鉢が関東一円に流通していた。厚生労働省麻薬取締部など捜査当局や関係自治体が、あへん法違反の疑いで調査に乗り出した。

 東京都などではすでに回収を始めているが、群馬県や栃木県など関東全域に流通したとみられ、すべての回収は困難な状況とみられている。

 関係者によると、5月中旬に東京都渋谷区の園芸店で、ソムニフェルム種とみられる不正ケシの鉢植えが販売されているのが見つかった。通報を受けた厚労省や都などが流通経路を調べたところ、神奈川県藤沢市の農家で栽培されていたことが判明した。

 厚労省などは、栽培農家に立ち入り調査。違法性についてどのような認識をもっていたかなど事情を聴くとともに、出荷待ちの不正ケシ約300鉢を回収した。

 不正ケシは確認されているだけで約400鉢がすでに都内の卸業者にわたっており、うち約150鉢が園芸店などで一般消費者に販売されていたことも分かった。都などは市場に出回ったうち、すでに100鉢以上を回収した。

 これまでの調査では、農家が不正ケシの種子を甲信越地方の農家から購入したとの情報もあり、さらに広範囲にわたって不正ケシが市場に流通している可能性もあるという。

 不正ケシはあへん法によって、許可を受けた人以外の栽培を禁止しているほか、知らずに購入した場合であっても、購入者らが不正ケシを勝手に移動させることを禁じている。

 今回、見つかったソムニフェルム種は地中海原産。あへん用ケシの代表的な種で、5~6月に10センチ程度の白や赤、紫などの花を咲かせる。

 不正ケシをめぐっては、今回とは種類が異なり、強い繁殖力を持つセディゲルム種が、公園など身近な場所に広く生息していることが知られている。

【関連記事】
大麻所持容疑で学生逮捕 長崎大の28歳、自宅で
ガールズバーで資金稼ぎ…女子中生が陥った“負の大麻スパイラル”
女子高生が紙巻き大麻 北九州、所持容疑で逮捕
今年最多大麻26キロ押収 1億5千万円相当
大麻草1443本、最大級の押収 ベトナム人5人栽培容疑
虐待が子供に与える「傷」とは?

自動車でひったくりの男2人逮捕 東京・綾瀬(産経新聞)
500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
警察庁、全組員情報を証券業界に一括提供(読売新聞)
逃走中に車横転、男2人重軽傷 神戸市(産経新聞)
新デザイン、新エンジンで生まれ変わったBMW X5(Business Media 誠)
スポンサーサイト

口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に―宮崎(時事通信)

 宮崎県で、家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある家畜が国内で10年ぶりに確認されてから3週間が過ぎた。発生農場は86カ所に達し、殺処分の対象となる牛や豚の累計頭数は14日時点で8万257頭にも及んでいる。10日に宮崎を訪れた赤松広隆農林水産相は家畜の殺処分に対する補償を国が全額負担すると強調したが、その後も相次ぐ発生に関係者の不安は収まっていない。
 「夢も希望もない。もうわれわれは体力が持ちません」。赤松農水相との会談で農業団体代表は畜産農家の窮状を涙ながらに訴えた。同県の東国原英夫知事も畜産農家の体力が10年前の発生時と比べて低下している現状を繰り返し説明、国に全面的な支援を要請した。
 被害の規模は殺処分が牛35頭にとどまった10年前とは比べものにならない。ここまで被害が拡大した要因の一つとして、県は畜産農家が密集する地域で発生していることを挙げる。県によると、被害が多発する川南町では既に町内の半数以上の豚が殺処分対象となり、牛も半分に迫る。殺処分後の埋却作業は自衛隊の協力を受けるが、全体の約半分しか完了していないのが現状だ。 

【関連ニュース】
口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町〔地域〕
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫

偽装結婚関与の県職員、パブ売上金一部受け取る(読売新聞)
感染拡大防止へ全頭殺処分=政府高官が見通し―口蹄疫(時事通信)
八街放火殺人 犯人、現場に数時間とどまり食事の形跡(毎日新聞)
「高齢だからと刑軽くできない」82歳被告に(読売新聞)
皇太子さま、地下放水路ご視察(産経新聞)

熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)

 1歳の長女に熱湯をかけ、重いやけどを負わせたとして、大阪府警南堺署は12日、傷害容疑で母親の無職、井上夢麻(ゆま)容疑者(23)=堺市南区原山台=を逮捕した。南堺署によると「シャワーの温度を確かめずにかけてしまった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は4月上旬、自宅の府営住宅で長女の尻などに熱湯をかけ、全治1カ月以上のやけどをさせたとしている。

 南堺署によると、井上容疑者は「おしめを替える際にシャワーで洗った」と供述しているが、皮膚がめくれるほどの重傷だったという。

 井上容疑者は長男(1)、長女のほか、母親(42)と弟(22)の5人暮らし。夫とは別居している。

 堺市によると、3月の乳幼児検診で長女の顔に複数のあざが確認されたが、井上容疑者が「兄が投げたおもちゃに当たった」と説明したため、虐待とは認めなかった。

 4月13日に医療機関から「受診した女児が虐待を受けた可能性がある」と通告があり、14日に長男と長女を保護。長女は病院で治療を受けてすでに退院し、順調に回復しているという。

【関連記事】
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
妻に熱湯かけ殺害容疑で男を逮捕 福岡県警
3歳児に熱湯入りカップめんをかけ重傷負わせる 傷害容疑で父逮捕
「殴って熱湯かけた」男性変死事件で知人の男を逮捕 大阪府警
少子化を止めろ!

徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う-警察庁(時事通信)
絶世“天平美女”の正体は…ロボットでした(産経新聞)
6カ国協議の早期再開は困難 岡田外相が指摘(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。